2015.08.29更新

朝5時に新聞受けを覗きます。まだ暗いです。お盆前から、そうなったと思います。だんだん秋分の日に近づくわけですから、当然なのですが、やはり区切りの日が存在し、その日を境に「朝はまだ暗い」と感じるようになりました。朝と言えば、頭痛が頻回におこっていた10数年前には、朝から頭痛がしていました。今思うと、「薬物乱用頭痛」だったと考えられます。薬の頻回服用でかえって、脳の興奮性閾値が下がり、頭痛を感じやすくなるというのが「薬物乱用頭痛」なのですが、加えて、朝は夜間睡眠中の低呼吸のために二酸化炭素が体内にたまり、血管が拡張し、頭痛がおこります。そのため、朝から頭痛がしていたようです。その後、降圧剤を飲みだしてから、朝の頭痛とも縁が切れました。頭痛そのものは消失しましたが、いわゆる「~で頭がいたい」という悩みはなくならないものです。

投稿者: 葉山クリニック

2015.08.29更新

朝5時に新聞受けを覗きます。まだ暗いです。お盆前から、そうなったと思います。だんだん秋分の日に近づくわけですから、当然なのですが、やはり区切りの日が存在し、その日を境に「朝はまだ暗い」と感じるようになりました。朝と言えば、頭痛が頻回におこっていた10数年前には、朝から頭痛がしていました。今思うと、「薬物乱用頭痛」だったと考えられます。薬の頻回服用でかえって、脳の興奮性閾値が下がり、頭痛を感じやすくなるというのが「薬物乱用頭痛」なのですが、加えて、朝は夜間睡眠中の低呼吸のために二酸化炭素が体内にたまり、血管が拡張し、頭痛がおこります。そのため、朝から頭痛がしていたようです。その後、降圧剤を飲みだしてから、朝の頭痛とも縁が切れました。頭痛そのものは消失しましたが、いわゆる「~で頭がいたい」という悩みはなくならないものです。

投稿者: 葉山クリニック

2015.08.26更新

0.999・・・と1は同じか?実態はほとんど近似しています。しかし、見た目は違います。では、x=0.999・・・-①とおく。

両辺を10倍すると、10x=9.999・・ -②となる。

②-①をすると、9x=9  つまり、x=1 となります。

あれれ、先ほどの①をみてください。x=0.999・・・でしたが、今x=1になりました。すなわち、見た目も同じになりました。循環小数なるものがあります。例えば、0.1111・・・・、0.507507507・・・・、など。これらはすべて、分数に変換できます。しかし、唯一、分数にできない循環小数が0.999・・・です。なんだか不思議です。

投稿者: 葉山クリニック

2015.08.26更新

0.999・・・と1は同じか?実態はほとんど近似しています。しかし、見た目は違います。では、x=0.999・・・-①とおく。

両辺を10倍すると、10x=9.999・・ -②となる。

②-①をすると、9x=9  つまり、x=1 となります。

あれれ、先ほどの①をみてください。x=0.999・・・でしたが、今x=1になりました。すなわち、見た目も同じになりました。循環小数なるものがあります。例えば、0.1111・・・・、0.507507507・・・・、など。これらはすべて、分数に変換できます。しかし、唯一、分数にできない循環小数が0.999・・・です。なんだか不思議です。

投稿者: 葉山クリニック

2015.08.21更新

現在の医学の進歩を語るとき、イスラームの世界で風習化していた「学問の旅」は切っても切り離せません。医学はギリシャを中心にしたヨーロッパでその礎ができ、9世紀にイスラーム世界でギリシャ語文献をアラビア語に翻訳して飛躍的に発展しました。安定した治安、経済の中で青年たちは帝国内を自由に、そして無料で旅をしながら、学問をおさめられたのです。(各地にマドラサという学院があり、その運営が寄進に寄っていたことによる)一方、ローマ帝国の東西分裂後、文化的発展に不毛だった西ヨーロッパに「ルネサンス」の機運がたかまり、今度はアラビア語からラテン語への翻訳がなされ、医学も大いに発展しました。この話を読むたびに、ヨーロッパから中央アジア、インドを含めた広大な地域を何年、何十年と旅を続けながら、学問を追及した人々に感謝するとともに大いなる悠久のロマンを感じます。

投稿者: 葉山クリニック

2015.08.21更新

現在の医学の進歩を語るとき、イスラームの世界で風習化していた「学問の旅」は切っても切り離せません。医学はギリシャを中心にしたヨーロッパでその礎ができ、9世紀にイスラーム世界でギリシャ語文献をアラビア語に翻訳して飛躍的に発展しました。安定した治安、経済の中で青年たちは帝国内を自由に、そして無料で旅をしながら、学問をおさめられたのです。(各地にマドラサという学院があり、その運営が寄進に寄っていたことによる)一方、ローマ帝国の東西分裂後、文化的発展に不毛だった西ヨーロッパに「ルネサンス」の機運がたかまり、今度はアラビア語からラテン語への翻訳がなされ、医学も大いに発展しました。この話を読むたびに、ヨーロッパから中央アジア、インドを含めた広大な地域を何年、何十年と旅を続けながら、学問を追及した人々に感謝するとともに大いなる悠久のロマンを感じます。

投稿者: 葉山クリニック

2015.08.14更新

葉山クリニックの撫中です。従来から、明日、雨が降るのを体調で察知するという方々がいることは知られています。頭痛、関節痛、神経痛、なかには頭髪がカールしてくる、といった症状で。なかでも、片頭痛は、微小な気圧変化が原因となって起こることがさまざまな研究で立証されています。だから、片頭痛の方々は、低気圧が近づくと、「頭痛」でそれを感知できるのです。大気圧は、1004~1009hPa(標準大気圧1013hPa)だそうです。このことを意識していると、治療薬の準備、服用のタイミングなど適時な対応につなげることが可能となります。それから、二日酔いの頭痛は、飲酒前から予想が可能ですので、お酒は控えめに。

投稿者: 葉山クリニック

2015.08.14更新

葉山クリニックの撫中です。従来から、明日、雨が降るのを体調で察知するという方々がいることは知られています。頭痛、関節痛、神経痛、なかには頭髪がカールしてくる、といった症状で。なかでも、片頭痛は、微小な気圧変化が原因となって起こることがさまざまな研究で立証されています。だから、片頭痛の方々は、低気圧が近づくと、「頭痛」でそれを感知できるのです。大気圧は、1004~1009hPa(標準大気圧1013hPa)だそうです。このことを意識していると、治療薬の準備、服用のタイミングなど適時な対応につなげることが可能となります。それから、二日酔いの頭痛は、飲酒前から予想が可能ですので、お酒は控えめに。

投稿者: 葉山クリニック

2015.08.11更新

葉山クリニックの撫中です。高等動物である人間の脳機能の話。他の動物に「鳴く」はあっても、「泣く」という行為はもしかしたら、人間だけ?詳細はわかりませんが、最近「涙もろい」ことには間違いありません。自身の事柄はもちろん、TV,小説での架空のはなし、実話すべてに分別なく、涙が浮かびます。これは、「他者への共感」「共感する経験が蓄積」されたからだと考えられています。そして「流涙」は昂ぶった感情を抑えるために流れるのだそうです(米イエール大学 アラゴン氏)。また、人間は若いときは「ナルシズム」が強く、他者への共感が難しいとか。だんだん人生経験によって「ナルシズム」はよりよい形に修正され、成熟(減少)するのだそうです。であれば、「涙もろい」のはいろんな体験をしてきた証だということです。ただし、今後の「涙もろい」は注意が必要です。「感情失禁」かもしれないからです。これは、認知症、の症状でもあります。きちんとした理由もなく、泣いているのは可能性があります。兎に角、泣くとなんだかすっきりします。泣くことは感情の制御にとって重要なことのようです。

投稿者: 葉山クリニック

2015.08.11更新

葉山クリニックの撫中です。高等動物である人間の脳機能の話。他の動物に「鳴く」はあっても、「泣く」という行為はもしかしたら、人間だけ?詳細はわかりませんが、最近「涙もろい」ことには間違いありません。自身の事柄はもちろん、TV,小説での架空のはなし、実話すべてに分別なく、涙が浮かびます。これは、「他者への共感」「共感する経験が蓄積」されたからだと考えられています。そして「流涙」は昂ぶった感情を抑えるために流れるのだそうです(米イエール大学 アラゴン氏)。また、人間は若いときは「ナルシズム」が強く、他者への共感が難しいとか。だんだん人生経験によって「ナルシズム」はよりよい形に修正され、成熟(減少)するのだそうです。であれば、「涙もろい」のはいろんな体験をしてきた証だということです。ただし、今後の「涙もろい」は注意が必要です。「感情失禁」かもしれないからです。これは、認知症、の症状でもあります。きちんとした理由もなく、泣いているのは可能性があります。兎に角、泣くとなんだかすっきりします。泣くことは感情の制御にとって重要なことのようです。

投稿者: 葉山クリニック

前へ
お気軽ご相談ください 0940-39-3050
sp_tel.png
頭痛などでお悩みの方 体の痛みが取れない方 診療時間 当院のブログ 産業医(労働衛生コンサルタント)