2016.01.30更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。片頭痛は遺伝する疾患であることがわかっています。母親が片頭痛なら、50-70%、父親がそうなら、30%程度遺伝するといわれています。「片麻痺性片頭痛」はその遺伝子も同定されています。遺伝というのは、本来、意味があって、継承されていくように思います。そうすると、片頭痛も何かの意味をもって継承されているのでしょうか?頭痛持ちにとっては、ただただ痛いだけですが、強いてあげれば、天候、気圧の変化を予知でき、それが、生活に活かされてきたことが歴史上あったようにも思います。でも最近では、気象衛星などの活用で天候はかなりの確率で予想できるようになってきました。その意味では、頭痛は不必要になってきたかもしれません。もしそうだとすると、将来、頭痛の遺伝が自然淘汰され、頭痛から「ひと」が解放される時代がきてもいいのでは、と願っています。

投稿者: 葉山クリニック

2016.01.21更新

心体に異常を来たし、普段の生活を営めない、こんなときに「病(やまい)」という言葉を当てる。おそらく心理的には、「喪失感」が存在し、憂鬱な気持ちになる。

「病気」の認知・受け入れの過程では、そうした感情の変化は大きいと考える。しかし、感情は一時的なもので、その後「人」は考える。「病」について思考する。それが、ストレスとなる。そのストレスは、ときにもともとの「病」よりも「人」を支配し、振り回す。このとき、「自分」をコントロールするのが、「理性」であり、「客観的判断」である。だが、常に「人」は感情と理性の間を行き来するもので、それこそ「人間らしさ」と言える。その人の価値、人間力が威力を発揮するのは、こういうときである。「頑張れ」そして「頑張りすぎるな」。

投稿者: 葉山クリニック

2016.01.05更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。片頭痛の診断時に側頭部の血管を圧迫することがあります。この圧迫で頭痛が軽減するかを観察するのですが、拍動を止めることが頭痛軽減の一番の要因になると思われます。人は痛いときに、痛い部位に手をもっていき、押さえます。無意識にその行動をとっていますが、この「手当て」が痛みを和らげる方法であることを経験的に知っているからです。炎症部位の血流を減じる効果と、もうひとつ精神的な安らぎを感じる効果とが「手当て」にはあります。もちろん、自分でするより、他者に実施してもらうほうが何倍も効果がある気がします。なぜかは、わかりません。

投稿者: 葉山クリニック

お気軽ご相談ください 0940-39-3050
sp_tel.png
頭痛などでお悩みの方 体の痛みが取れない方 診療時間 当院のブログ 産業医(労働衛生コンサルタント)