2016.12.28更新

葉山クリニックの撫中です。今は「冬」です。顔をあわせば、寒いですね、と第一声。どこからその感覚がくるのでしょうか?まず、天気予報でその日の気温は大抵インプットされています。実は、気温だけで人は「寒さ」を体感するのではないようです。もう一つ、湿度が大きな要素となるようです。不快指数はその二つを考慮して人間の体感を表した指標の一つです。

気温を T ℃,相対湿度を H %の場合、
0.81×T+0.01×H(0.99×T-14.3)+46.3

60-75;ちょうどいい 60以下で寒い 75以上で暑い、と覚えてください。しかし、人は着衣などで防寒をします。その仕方によってまた、体感が変化します。つまり蓄熱量が+になれば、暑い、-になれば、寒い、となります。正直いうと、私自身は厚さ寒さに無頓着です。

だからといって、感覚が鈍いと、誤解しないでください。そこは人並みに感じます。ただ、寒いから、「つらい、嫌だ」と思ったことがありません。脳の局在機能では、感覚領野と「辛い」を感じる局在部位は別の神経細胞です。「寒い」を感じても「辛く」なければいいのです。例えば、スキー、スノボなどウィンタースポーツをされる方は寒くなると「楽しい」が先にくるのではないでしょうか?でもそんなに簡単に割り切れませんね。「寒くて」うれしいのはインフルエンザウィルスくらいですか?もっともウィルスに感情があればの話ですが。

投稿者: 葉山クリニック

2016.12.13更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。ゴルフプレイでは、規定打数でホールアウトすることを、par(同じ)と言います。そこを起点にbidie,

eagle,albatros,condorと一打ずつ少なくなることを鳥の名前で表現します。これは、1903年にスミスさんという方が、一打少なくホールアウトしたときに「flew like a bird(鳥のように飛んで行ったショット)」と表現したことに発祥するらしいです。また、一打多いbogeyは英国で、お化けのことをbogey manということから、規定打数(par)でラウンドした人を「お化けみたい」と評したらしいのですが、英国では距離の長いパー4が二つあり、合計パー70だったようで、他国では、パー5が常識でしたので、一打多いことをbogeyとなったようです。意外にスポーツの得点には雑な発想をそのまま使用しつづけているケースが多く、テニスの0-15-30-40も実際は時計の文字盤説が有力で、であれば、0-15-30-45のはずが(forty-five)がいいにくいので、40(forty)になったらしいです。最たる勘違いはラグビーで、フットボールの試合中に手でもって走ったことが始まりであることは周知の事実です。それらが後の歴史で長く、伝わって疑念のない伝統・事実になっていることは興味深いです。医学の常識も、昔とは全く反対のことも多く、今、奇異に思うことが今後常識になることも多いと思います。次に非常識が常識となることは何でしょうか?

投稿者: 葉山クリニック

お気軽ご相談ください 0940-39-3050
sp_tel.png
頭痛などでお悩みの方 体の痛みが取れない方 診療時間 当院のブログ 産業医(労働衛生コンサルタント)