2017.11.22更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。昨日朝はほうきを持つ指が凍え、今日は、枯れ葉がほとんどありませんでした。本格的な冬の到来を感じます。この時期、風邪をひく機会が多くなります。そこで、予防接種を含め、注射を打つことも多くなります。患者さんは、注射を打つ前から、「痛がっています」。からだに力を入れ、針から少しでも身を遠ざけようとします。わずかな抵抗ですが、できる限り「痛くない」ように注射をするように工夫して試行錯誤してきました。結論は、「痛くない」注射はないです。しかし、「今までで今日の注射が一番痛くなかった」と」言われるようになりました。100人に一人くらいは注射したことがわからなかったという人もいます。偶然、皮膚の痛点を避けることができたのでしょう。痛点は見えませんから、あくまで偶然です。20年前に、某企業が「痛くない針」の開発に着手したことが当時の日本工業新聞に載っていました。要約すると、「蚊」が刺すほどの細い針を開発したのです。確かに、刺したことすら感じない。そんな針でした。しかし、普及しなかった。採血や、薬液の注入には細すぎて役に立たなかったからです。今後も、「居合刀」を極めるごとく、「痛くない」ように注射することを追求していきます。一番効果があるのは、とさくさ紛れに打つ、これも「痛くない」コツです。

投稿者: 葉山クリニック

2017.11.08更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。表題の通り、オリオン座の左下に配するひと際輝く恒星を持つ星座「おおいぬ座」。ここ2週間、明け方(まだ明ける前)オリオン座がやや西の空に確認でき、その隣にある星座はなんていうのか、気になっていました。やっと調べてわかりました。その名前ですぐに思いついたのが、飼い犬のことで、彼は、16歳の老犬で、ここ2週間深夜、2時、4時に鳴きます。すでに人間でいうと80歳くらいで、昼夜逆転が起こっていて、その都度、下顎を撫でてやると鳴き止むのですが、毎晩、起きるのが、辛いです。そろそろ寿命の末期であり、お別れが近いのですが、その時の心構えは全くできておらず、実感がありません。すでに自分も人生の老齢期にはいり、いろいろ体のメンテナンスも必要で、なぜか、この星座のことで、「介護」が身近に感じられたという話でした。因みにひと際輝く恒星は「シリウス」で太陽の次に明るい星だと知りました。

投稿者: 葉山クリニック

お気軽ご相談ください 0940-39-3050
sp_tel.png
頭痛などでお悩みの方 体の痛みが取れない方 診療時間 当院のブログ 産業医(労働衛生コンサルタント)