2015.06.26更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。

 昨日朝、また回廊のベンチの上に忘れ物。野球帽です。サイズが大きいので、子供なのか大人なのか判断に困ります。今回は回収せず、様子を見ました。

今朝、帽子はなくなっていました。持ち主が持っていったと思われます。ベンチは3個ありますが、前回と同じ位置に忘れていました。何かここで一休みしたくなるのでしょうか?もし、3回目の忘れ物があったときは、それが証明されることになります。そのときは何故そこに忘れるか考察したいと思います。

帽子

 

 

投稿者: 葉山クリニック

2015.06.26更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。

 昨日朝、また回廊のベンチの上に忘れ物。野球帽です。サイズが大きいので、子供なのか大人なのか判断に困ります。今回は回収せず、様子を見ました。

今朝、帽子はなくなっていました。持ち主が持っていったと思われます。ベンチは3個ありますが、前回と同じ位置に忘れていました。何かここで一休みしたくなるのでしょうか?もし、3回目の忘れ物があったときは、それが証明されることになります。そのときは何故そこに忘れるか考察したいと思います。

帽子

 

 

投稿者: 葉山クリニック

2015.06.24更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。

梅雨時期、体調が悪くなるという定説があります。低気圧、高温多湿が気象上の変化ですが、低気圧では、人体内でヒスタミンという物質の分泌が増加するらしい。ヒスタミンは交感神経を刺激し、関節や筋肉のなかで、血管を収縮させて神経を過敏にさせます。その結果痛みがでる、とのこと。また、体内から大気を押す圧力が強くなり、体が膨張します。その膨張が神経を圧迫します。結果、痛みになります。湿度が高いと発汗が少なく、体内に水分が貯留し、浮腫みになり、これも神経痛の原因になります。対処法は気圧や湿度を変えることができないので、厄介ですが、いづれも水分、血管の反応に関係しているので、適度な運動がいいと思います。しかし、雨が降っています。屋外は運動そのものが天候に左右されてしまいますので、屋内での運動でしょうか。

投稿者: 葉山クリニック

2015.06.18更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。

 つばめの番いがまた巣作りを始めました。たぶん、別の番いでしょう。今度は先の巣より5mほど離れた垂直の桟に土台になる土、藁を付着させています。

安全性や立地条件から巣をつくるのでしょうが、わがクリニックの桟は余程条件よく見えるのでしょう。しかし、天敵が待っています。うまく巣作り、子育てできるといいのですが、、。流石に二度、悲劇を目の当たりにするのは辛いです。でもそれも自然の営みのひとつなのでしょうね。見守るだけです。

投稿者: 葉山クリニック

2015.06.18更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。

 つばめの番いがまた巣作りを始めました。たぶん、別の番いでしょう。今度は先の巣より5mほど離れた垂直の桟に土台になる土、藁を付着させています。

安全性や立地条件から巣をつくるのでしょうが、わがクリニックの桟は余程条件よく見えるのでしょう。しかし、天敵が待っています。うまく巣作り、子育てできるといいのですが、、。流石に二度、悲劇を目の当たりにするのは辛いです。でもそれも自然の営みのひとつなのでしょうね。見守るだけです。

投稿者: 葉山クリニック

2015.06.13更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。

襲われた卵

先日より、実況してまいりました。つばめの巣。昨日まで巣のなかで卵を抱く親つばめの姿を微笑ましく、観察できました。しかし、今朝、異変が見られました。

いつものように路上を掃除していた時、広範囲に藁が散乱していて、巣の直下に写真のように、割れた卵が落ちていました。親つばめの姿はなく、10分後、雀が巣の中に入るのを見ました。昨日から朝にかけて襲われたのでしょう。無念です。しかし、襲った雀も捕食される側なのです。2週間前、自宅の前で雀が烏に追尾され、パクリと捕食される瞬間を目撃しました。妙な胸騒ぎがしました。人間は何に捕食されるのでしょうか?現在の最大の敵は自己の中の甘え(生活習慣)なのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 葉山クリニック

2015.06.13更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。

襲われた卵

先日より、実況してまいりました。つばめの巣。昨日まで巣のなかで卵を抱く親つばめの姿を微笑ましく、観察できました。しかし、今朝、異変が見られました。

いつものように路上を掃除していた時、広範囲に藁が散乱していて、巣の直下に写真のように、割れた卵が落ちていました。親つばめの姿はなく、10分後、雀が巣の中に入るのを見ました。昨日から朝にかけて襲われたのでしょう。無念です。しかし、襲った雀も捕食される側なのです。2週間前、自宅の前で雀が烏に追尾され、パクリと捕食される瞬間を目撃しました。妙な胸騒ぎがしました。人間は何に捕食されるのでしょうか?現在の最大の敵は自己の中の甘え(生活習慣)なのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 葉山クリニック

2015.06.09更新

葉山クリニックの撫中です。この時期、一年で一番雨降りが気になります。それは「都市対抗野球」の地方予選が各地で始まるからです。前職にて、「社会人野球」のチームドクターを拝命し、約12年間、大会ごとにチームに帯同してきました。この時期、野球部と寝食をともにし、「東京ドーム」出場をめざしていました。幸いにも選手たちの頑張りで3回「ドーム」に連れて行ってもらえました。予選の戦いは一発勝負です。1年間の練習をここに結実させねばならない厳しい戦いです。勝って泣き、負けて泣きの年月でした。選手たちとの会話、触れ合いは今でも鮮明に記憶の中にあり、ビールかけのあの匂いとともにおそらく一生色褪せることはないと思います。

タイピン

投稿者: 葉山クリニック

2015.06.09更新

葉山クリニックの撫中です。この時期、一年で一番雨降りが気になります。それは「都市対抗野球」の地方予選が各地で始まるからです。前職にて、「社会人野球」のチームドクターを拝命し、約12年間、大会ごとにチームに帯同してきました。この時期、野球部と寝食をともにし、「東京ドーム」出場をめざしていました。幸いにも選手たちの頑張りで3回「ドーム」に連れて行ってもらえました。予選の戦いは一発勝負です。1年間の練習をここに結実させねばならない厳しい戦いです。勝って泣き、負けて泣きの年月でした。選手たちとの会話、触れ合いは今でも鮮明に記憶の中にあり、ビールかけのあの匂いとともにおそらく一生色褪せることはないと思います。

タイピン

投稿者: 葉山クリニック

2015.06.06更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。

ゴールデンウィーク前に残されていた子供用の青いシャツのその後。しばらくクリニック外壁に「あずかっていますよ」と掲示していたのだが、反応なかった。1ヶ月後、2歳女児を連れた女性が診察のため来院。その際、その女性のもうひとりの娘の小学生が帰宅途中、「クリニックのトイレを借りて、お世話になってます。」と告げられた。「他にも、多数小学生が寄っていきますから、どうぞ、気にしないでください」などの会話の後、そういえば「青いシャツ・・・」といきさつを話すと「小学校に届けましょうか?」との申し出。有難くお言葉に甘え、青いシャツを託した。無事、持ち主の手に帰ったのだろうか?その後の経過がありそうで楽しみにしている。

投稿者: 葉山クリニック

前へ
お気軽ご相談ください 0940-39-3050
sp_tel.png
頭痛などでお悩みの方 体の痛みが取れない方 診療時間 当院のブログ 産業医(労働衛生コンサルタント)