2021.09.02更新

宗像市葉山クリニックの撫中です。私は、ほぼ毎日、起床、就寝、出勤、食事、仕事、それぞれ同じ時刻にしています。日課とは「毎日、何かを決めてすること」だそうです。日課がきまると決めてするための気力が最小限で済みます。なんとなれば意識せずとも行動しています。苦になることがありません。通勤路では毎日同じ場所、時刻に出会う人、駐車場に止まっている車などほぼ決まっています。人体には体内時計があって身体精神活動の一翼を担っています。その際、予め決まった日課があるとそのために消費するエネルギーは少なく済みます。この日課があることで、私たちの生活に自然とルールが生まれ、自分の秩序を上手にキープ出来ているのかもしれません。しかし、たまに出会うべき人に会わない、あるべき車がない、などの変化があると心配という妄想が立ち起こります。このKaosがあるからこそ人生に変化がでて楽しかったり、苦しかったりするのでしょう。ひっくるめて日課の中に織り込めば、消耗はすくなくなると思います。

投稿者: 葉山クリニック

お気軽ご相談ください 0940-39-3050
sp_tel.png
頭痛などでお悩みの方 体の痛みが取れない方 診療時間 当院のブログ 産業医(労働衛生コンサルタント)